★基本★さんまのおろし方
さんまのお刺身が楽しめるのは旬だけ。
おろし方は簡単なので、ぜひご家庭でお刺身を楽しんでくださいね。
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
1. さんまの頭を切り落とし、お腹に切り込みを入れ内臓を取り出します。
   水洗いをして水分を拭き取ります。
2. 3枚におろします。
   尾を左側に、背が上、お腹が手前になるように置きます。
   頭側から包丁を入れ、刃先を少しだけ下向きにし、中骨をなぞるように
   尾に向かって切っていきます。
3. 骨が下になるようにさんまを返し、しっぽを左に背を手前におきます。
   2と同様に、刃先を少しだけ下向きにし、骨をなぞるようにしながら
   一気におろします。 。
4. さんまの三枚おろしの完了です!
   頭側の切り口からお腹にからて小骨があるので(「腹骨」)、V字型に
   切れ込みを入れるようにして取り除きます。
5. 次はさんまの皮をむきます。 (あともう一息!)
   頭側の切り口から指で皮をひっぱりながら尾に向かってはがしていきます。
   ★まな板に皮側を下に身を置いて、左手で身を押さえながら右手で皮を
   はがしていくときれいにはがれます。。
6. さあ、これで完了です!
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
 ★基本の2★さんまのお刺身
1. 上記の方法で上手にサンマをさばいたら、食べやすい大きさに切り、
   おろし生姜をそえ、小ねぎを刻んで乗せてお刺身をお楽しみ下さい。
■ポイント

お薦めするのは、“漁師さんの食べ方”。
なんと、お刺身を一味醤油でいただくんです!!

さんまの脂の甘みが“一味唐辛子”でピリっと引き締まってやみつきになる味♪

さんまのお刺身には、一味唐辛子が欠かせなくなりますよ!

北海道のさんまは日本一おいしい!

旬は、8月の中旬から10月中旬まで。

あぶらがのった「トロさんま」はこの時期にしか食べられません。一度お試し下さい!

ショッピングカート
合計金額
0 円
現在ショッピングカートは空です。
このサイトはSSL暗号化通信に対応しています