房州びわ、びわの葉、びわの種、竹の子、甘夏、柚子など 房州ビワ


房州びわと房州の山菜や柚子・甘夏

福原農園では露地栽培の房州びわを中心に、季節それぞれの山の幸をお届けしています。房州びわは茂木びわよりも粒が大きく見栄えがよいためお中元等の贈答用に喜ばれています。また、当園では「旬の食材を安全にお安くお届けする」をモットーに肥料、農薬等にも気をつけています。山菜、竹の子等は房総の自然そのものですし、ユズ、甘夏等も完全無農薬で作っていますので、皮まで安心して食べられるとお客様に喜ばれています。
-- 独自の栽培方法で大粒に仕上げる房州びわ --
千葉県南部で生産しているびわを房州びわといいます。房州びわは一般に流通しているびわよりも粒が大きく見栄えがよいためお中元等の贈答用に喜ばれています。福原農園ではびわに毎年厳しい摘花、摘果を行っており、ひとつひとつ手作業で実に袋をかぶせて、びわがきれいな状態で収穫できるようにしています。きれいな果物が贈られてきたときに、農薬等の使用が気になったことがありませんか?福原農園のびわは袋で物理的に実を守っており、農薬は一切使用していません。福原農園のびわがきれいなのは見た目だけではありません。安心してお召し上がりください。

びわの1つ1つにこのような袋をかけていきます。この作業に2ヶ月弱の時間を費やします

収穫前は大粒のびわの重さで枝がしなります