南関そうめん 高木食品 伝統ある250年の南関素麺を全国へ


曲げ素麺[まげそうめん]
長さ3m程に延ばした素麺(そうめん)を節と呼ばれる竹に掛かった端のところを切り落として、あとはそのままの長さで1束づつ束ねたものです。1束の量は手にもった時の感覚で決まっています。長年、素麺作りをしていると1回で手に持った時の素麺(そうめん)の2〜3本多いか少ないかがわかるようになります。

白髪素麺[しらがそうめん]
より上げと呼ばれる作業の時に、普通の曲げ用よりもより細く仕上げて、掛ける時も倍の時間をかけて細く丁寧に掛けていきます。
長さも曲げと同じく3m程に延ばすので、もめん針の耳に通る位まで細く長くなります。それを長さを揃えて切り、さらに選別をして細いものだけを選んで重さ50gずつに量り巻紙で手巻きしたものです。
人気ランキング

店長の高木久美です。
ご来店ありがとうございます。この度、オンラインショップ出店をはたしました。今後ともよろしくお願いいたします。
ショッピングカート
合計金額
0 円
現在ショッピングカートは空です。
このサイトはSSL暗号化通信に対応しています