瓦付ミニペアーシーサー

瓦付ミニペアーシーサー

赤瓦の上から睨みをきかす!

瓦付きだけど、屋根ではなく、ドームって感じ!
高さ5.5cm 横8cm

●シーサーの歴史
沖縄で獅子のことをシーサーと呼びます。ルーツは、エジプトのスフィンクスが起源ではないかと言う説もあります。琉球王国の大航海時代(14〜15世紀)に、中近東を経由し、中国から琉球(沖縄)に伝わったものと考えられています。

沖縄のある地域でたびたび起こる災難に、石造りのシーサーを作り奉ったところ、火難から逃れることができた。という言い伝えからシーサーは沖縄全域へ広まりました。

長い年月の末、権威の象徴であったシーサーは、家の守り神、魔除けの神、また除災招福を導くものとして、屋根の上や玄関、装飾用、土産用の置物として、皆から愛されるようになっています。
●シーサーの置き方と性別
口が開いたシーサーを向かって右側に、閉じたシーサーを向かって左側に据え付けしましょう。

性別については、諸説あり、はっきりと区別はできません。

福を招き入れるので、口の開いたシーサーが雌、あらゆる災難を家に入れないため、口を閉じた方が雄という説。

一方、口を開いている方が、威厳に満ち強そうですので、口を開いているシーサーが雄だという見方もあります。

当ショップでは、口が開いているシーサーが雄という事で表記を統一しております。
商品マーク
瓦付ミニペアーシーサー
瓦付ミニペアーシーサー
価格: 1,142円(税込)
常温便
【商品番号:01200038】
高さ5.5cm 横8cm
申し訳ございません。ただいま品切れ中です。
気になったらとりあえずショッピングカートに入れておこう!
(ショッピングカート内の商品は30日間保存されます)
決済方法:代金引換
お支払い・送料について
ベストお土産!
修学旅行の前にまとめ買い!っていうつわ者も出現中!

沖縄旅行の前にも後にも・出張土産にも!