ボタンエビ(冷凍約500g・11〜12尾)

ボタンエビ(冷凍約500g・11〜12尾)

刺身、塩焼き、フライ、天ぷらに!

鮮度と旨みを保つため、船上で生きてる間に急速冷凍をかけて保存されてますから、もちろん刺身でも食べられます。

ボタンエビ(牡丹海老)は北海道を代表するエビの王様です。ボタンエビはギュッ締まった身、とろけるような甘みが人気の秘密で食欲を誘います。
ボタンエビは主に日本海、太平洋が水揚げ量の多い場所だったのですが、ここ最近では日本海側が特に激減しています。
このところ非常に規制も厳しいのが現状です。ただ悪い事ばかりではありません。毎年3月と9月はボタンエビの解禁になる漁場(主に3月〜噴火湾、7月〜礼文島、9月〜噴火湾、礼文島12月〜積丹、留萌、稚内)が増えるため、水揚げ量が多いとグ〜ンと値崩れを起こすことがたびたびあります。狙い目は3月と9月です。
ボタンエビのミソをちゅーと吸うと…「あ〜おいし!」
刺身でボタンエビにかなうものはないでしょう。ギュッと締まった身と舌の上でとろけてしまいそうな甘みが合わさってます。
型の大きいものだと塩焼きも美味で、頭はミソも入っていますから生のまま軽く醤油などを付けて口で吸い込むように食べるのが本当の食べ方。またとても良いダシが出ますから絶対捨ててはいけません。
甘えびと北海しまえびは地元漁師のご馳走
ボタンエビと並ぶ北海道名産として忘れてはいけないのが甘えびと北海しまえびです。
甘えびの場合、北陸といったイメージが強いと思いますが北北海道の甘えびはそこそこの大きさで特に北国の日常の中ではもっとも食べられるものです。

北海しまえびは道東の野付半島辺りで6月から漁がはじまります。ボイルしてひときわ旨さを引き出すえびです。
獲れる期間が短いため知らない人も多いと思います。本州ではあまり食べれない海老ですから、1度道東の漁師の大好物「北海しま海老」を食べてみてください。おいしいですよ。
ボタンエビの栄養素
ボタンエビからでてくる甘みは遊離アミノ酸のグリシンやベタインによるものです。
日本人で海老アレルギーを持つ人以外、海老を嫌う人は少ないと思います。とにかくどのえびも美味いですから食べてみて下さい。私が特にお薦めするのはボタンエビです。
内容約500g
(11〜12尾)
賞味期限冷凍:約2ヶ月
冷蔵:約4日
お召しあがり方刺身、塩焼き、フライ、天ぷら
商品マーク
ボタンエビ(冷凍約500g・11〜12尾)
ボタンエビ(冷凍約500g・11〜12尾)
価格: 4,750円(税込)
冷凍便
【商品番号:00310021】
現在この店舗は準備中のため購入できません。
気になったらとりあえずショッピングカートに入れておこう!
(ショッピングカート内の商品は30日間保存されます)
決済方法:代金引換クレジットカード銀行振込郵便振替
お支払い・送料について
お取り寄せランキング