羅臼産開き真ほっけ(大3枚)

羅臼産開き真ほっけ(大3枚)

知床の付け根に位置する羅臼産のほっけ!

北海道の開きものの代表です。ほっけの中でも最もおいしい羅臼産のほっけは脂のりが抜群で身の締まりも文句の付けようがありません。

ほっけは、北海道に旅行にこられた方であれば居酒屋や料理屋さんのメニューの中にほっけを絶対目にしたはずです。それくらいほっけは北海道では昔から親しまれ、なくてはならない魚なのです。
ほっけは北海道全域で捕れるのですが、その中でも誰もがうなずくほっけは知床の付け根に位置する羅臼産のほっけです。
ほっけは、早い!安い!うまい!
ほっけは一夜干しをしたものを焼いて食べるのが北海道での一般的な食べ方です。
羅臼産ほっけは脂がしっかりのっているため、焼くと写真のように火が上がるくらいです。でもその身は全然脂っこくなく、一口食べると口の中にジューシーな身汁があふれてきて簡単にほっけ一本ぺろりと食べてしまいます。(北海道のほっけは本州ものと比べ物にならないくらい大きく、一本まるまんまでは家の網焼き器でははみ出します。)

ほっけには真ほっけ、しまほっけと2種類があります。真ほっけの場合、非常に身の締りが良く、適度な脂のりで飽きさせない味なので昔から北海道では人気度は絶大です。
それに対して、しまほっけ(ウロコにしま模様)の場合、非常に脂のりは良いのですが身の締りがあまりないため、ほっけ特有のあっさり感と旨みが損なわれています。そのため真ほっけと比べると若干人気を落としています。ただ、脂っこさを追求する人にとってはいいでしょう。
よくお店で値段が1枚200円〜300円程度のほっけを見かけることがあります。それは私たちの間では「ローソクほっけ」といって、とにかく痩せていて脂が無いほっけのことを指します。
ほっけは、水温の冷たいところがベスト
ほっけは獲れた場所で味も値段も変わります。やはり、水温の冷たい所がベストで、知床の羅臼、道北の礼文、利尻島辺りです。反対に質の落ちる所は日本海、太平洋でも水温の暖かい場所です。ほっけは、ほぼ一年中獲れますが、やはり寒い場所で獲れたものが身の締まり脂のりも最高で、型の大きさに圧倒されます。それが本場ほっけの強みです。
内容ほっけ大3枚
賞味期限冷蔵:4日
冷蔵:1ヶ月
お召しあがり方炭火で焼いたほっけをあつあつのご飯と一緒にお召し上がりください。
商品マーク
羅臼産開き真ほっけ(大3枚)
羅臼産開き真ほっけ(大3枚)
価格: 2,160円(税込)
冷凍便
【商品番号:00310053】
現在この店舗は準備中のため購入できません。
気になったらとりあえずショッピングカートに入れておこう!
(ショッピングカート内の商品は30日間保存されます)
決済方法:代金引換クレジットカード銀行振込郵便振替
お支払い・送料について
お取り寄せランキング