1. お取り寄せモール風土jpTOP
沖縄そばの日
戦後、アメリカから配給された小麦粉を灰汁や塩水で調整しながら作られていた「沖縄そば」は沖縄県民の主食とされていました。
復帰後、沖縄そば業者の組織化を図ろうと設立された沖縄生麺協同組合に、全国生めん類公正取引委員会から「そば粉が30%以上混合されなければ、そばと表示してはいけない」とクレームが付き、「沖縄そば」という名称が消滅しそうになった。
しかし沖縄生麺協同組合は、沖縄の風土と文化によって育まれてきた歴史ある呼び名であることを訴え続けて、「そば」の名称を存続していくため、製造方法を表記して正式認可を取得するため働きかた。
その努力の結果、1977年10月17日お国自慢の麺の名称が並ぶ「生めん類の表記に関する公正競争施行規則」別表に特殊名称として「本場沖縄そば」と登録さた。
その後1997年、沖縄生麺協同組合にり、そばの名称が認可された10月17日を「沖縄そばの日」と制定した。