1. お取り寄せモール風土jpTOP
店舗情報

店舗DATA

店舗名: 産直 富山湾のおさかな・郷土料理 奥田屋
会社名: 奥田屋 奥田 健治
代表者: 奥田 健治
事業内容: 日本の名峰、北アルプスの霊山、立山から栄養豊かな水が流れ込み、南の暖流と、北の寒流の交流地点である、海の恵み豊かな富山湾。
豊富な種類の魚がすみ、「天然のいけす」とも呼ばれています。
その地に、今から150年前、江戸末期の文久元年に創業しました。
現在、「富山 奥田屋」を守るのは、五代目店主。
毎朝、市場へ出向き、旬の海の幸を厳選して仕入れています。
そして、磨き上げられた腕で、魚を丁寧にさばき、お客様にお届けしています。


【店舗概要】
奥田屋は、富山きときと空港から車で約3分、北陸高速自動車道・富山ICから車で約5分と富山の交通の要所からアクセスに便利なところに、お店があります。

創業は、江戸末期。現在のお店の所在地に、2代目の店主が戦時中移動してから、4代目の現店主まで営んでいます。

2006年に、4代に渡って続く職人による伝統製法で自家製造した「昆布〆」をオンラインショッピでの販売を開始し、現在では、富山を代表する「シロエビ」「ホタルイカ」「ひみ寒ぶり」「カニ」などの富山の新鮮な魚介類、「黒作り」「干物」などの加工品なども全国の皆様にお届けしています。

富山湾は「天然の生簀」と称され、日本海に分布する約800種のうち約500種の魚が生息する水産資源の宝庫と言われています。漁場が漁港に近い内海で漁ができるため、とれたての新鮮な(富山弁で“きときと”という)魚をすぐに市場へ供給でき、お魚がおいしいと言われています。

また、富山の消費者の魚介類への1世帯当たりの年間支出額が全国トップクラスで、 ブリ、昆布、イカ、刺し身盛り合わせ、魚介の漬け物(みそ漬け、昆布締めなど)の1世帯当たりの年間支出額が全国1位とお客様のお魚の目も肥えた環境で、4代に渡って受け継がれてきた目利きで厳選した品をお届けしています。


【事業概要】
●富山湾のお魚、お惣菜の販売(実店舗)
●富山湾のお魚、郷土料理(オンラインショップ)
●仕出し・オードブル・折詰(実店舗)

●水産品・水産加工調理品の小売業
●水産品の加工・調理製造業
●インターネット等を利用したEC・通信販売業
●水産品・水産加工調理品の卸売業
●仕出し弁当の製造、販売及び配送
●水産品・水産加工調理品の商品開発支援
所在地: 〒939-8231
富山県富山市下熊野463 
連絡先: TEL:076-429-0029
FAX:076-413-6017
MAIL:info@kobujime.jp
営業時間: 【実店舗・お問合せ対応】<平日・土>10〜18時※定休日除く 【オンラインショップ】注文受付のみ、24時間365日
定休日: 日・祝祭日、水<不定休>、年末年始、お盆、G.W.、S.W.他
備考: アクセス:富山きときと空港から車で約3分、北陸高速自動車道・富山ICから車で約5分