1. お取り寄せモール風土jpTOP
お茶の豆知識
開封のお茶は常温で保存していただいても問題はありません。
かえって冷蔵庫などでの保管は、におい等の移り香の原因になりますので、気をつけましょう。
ただし、夏場の高温は茶葉をいためます。夏はすずしい所に保管しましょう。

開封されましたら、なるべくお早めにお飲みいただくのが一番です。
開封後は特に湿度に気をつけ、茶缶等に移して保管してください。

お茶の水は基本的には軟水が良いとされています。ミネラルウォーター等をご使用の場合は、表示に注意してお買い求め下さい。

水は井戸水が最適ですが、カルキ臭の強い水道水は、くみおいて上澄みを使うか、5分以上沸騰させれば臭気が取れます。

茶葉は多めに使用し、最後の一滴まで注ぎ切れば、2煎、3煎まで香味が残ります。
●玉露用茶器(急須・湯飲み)はやや小さいものを使用して下さい。

茶碗や急須はあらかじめお湯を注いで温めておきましょう。3人分で茶の量は約10g程度(大さじ2杯)。湯の量は90cc。湯ざましにお湯を入れて50〜60度になるまで冷まして下さい。手のひらにあてて、気持ちいい温かさがめやすです。急須に入れ2〜3分待ってください。

●茶葉が水分を吸って膨らんできたら湯呑みに静かに注ぐ。注ぐときは急須に残らないように、必ず最後の一滴までしぼるように注ぎきって下さい。
二煎目は一煎日の半分の時間で湯呑みに注ぐ。玉露の生命は上品な甘みと香りです。高温で出さないのは、渋み成分(タンニン)が高温で溶け出すためです。
温度を下げることはつまりタンニンを出さず、玉露の甘み成分(テアニン等)を出しやすくするためです。出来るだけ甘みを出すように工夫しましょう。
●上級煎茶では茶葉の量は3人で大さじ2杯、湯量180cc程度。お湯の温度は70〜80度。高級茶ほど少しさまして使いましょう。蓋をして約1分程度待つ。
深蒸し茶は短時間に浸出しますので30秒程度。中級のものはお湯の温度は90度程度で短時間に浸出してください。

●湯呑みに少量ずつ注ぎまわす。注ぎ始めは薄く後になるほど濃くなるので、お茶の濃さが平均するように順番に注ぎ回して下さい。
茶の葉の分量・湯量・湯温・お茶の品質によって多少遣います。玉露程気を使う必要はありませんが充実した香味を大切にして最後まで注ぎ切って下さい。 つまり煎茶は香りを楽しむものといえます。
●大きめの急須で、5人分の茶の量15gに熱湯 650ccぐらいと他のお茶より多めにしてお湯は熱湯を使用して下さい。お湯を注いだら大体15〜30秒で味が出ます。熱湯で短時間にサッと出すのがコツです。

●味わい・香りが出たら、厚手の大きめの茶碗に入れたてをたっぶり注ぐ。ぬるめのお湯だと香り・味ともによく出ません。熱湯をたっぶり注ぐことがコツで入れたての熱いのを飲むのが一番です。
●冷水ポットに水とティーバッグを入れます。(水1リットルにつき10〜15gが目安です。お好みにより調整して下さい。)早くお飲みになりたい場合は、始めに少量の水とティーバッグを入れ、水がこぼれないようにシェイクした後に水を足して下さい。

●そのまま冷蔵庫で約1〜2時間冷やしてお飲み下さい。
●急須に煎茶を入れ少し冷ましたお湯を注ぎ約2分程度待つ。氷を入れたグラスに注ぎいれて冷やすと色と香りと爽やかさが楽しめる前茶オンザロックの出来上がり。

●氷が溶ける分だけ濃く入れるのが美味しく飲めるコツです。 また、自分好みの茶葉でおいしさを楽しむ事が出来ます。