1. お取り寄せモール風土jpTOP
奥久慈しゃも料理
しゃも料理
茨城は、古くからしゃもの生産地で、全国でも有数の飼育羽数を誇っています。しゃもは、歯ごたえがあり、こくのある鶏肉といわれ、昔から珍重されてきました。奥久慈しゃもは、昔のしゃもの味をそのまま残した、現代では貴重な鶏肉です。 茨城県北部奥久慈山間地帯の自然の中で、ストレスがたまらないように、時間をかけて野性的に育てられた鶏肉は、脂肪が低く抑えられ、茨城県の県産品に指定されました。コクのあるスープと、歯ごたえのある肉のうま味を御堪能ください。
「奥久慈しゃも」のルーツ
しゃもはタイ原産で、「軍鶏」と書くように闘鶏用ニワトリであるため、気性が荒く、群れで飼うのは難しい種といわれます。しかし、肉、卵ともに味がよく、通常の鶏よりコクがあり、噛めば噛むほどうまみの出る鶏肉としても有名でした。そこで奥久慈では、名古屋種×ロードアイランドのメスとしゃものオスの交配で、闘争心を弱めて群れで飼えるようにしました。
ちなみに、しゃもは第二次世界大戦中に国の天然記念物に指定されていますが、それは、食糧難の時代にしゃもが食糧とされないよう国策として守るためであったとされています。それほど美味しい鶏として知られていたということでしょうか。
しゃも料理の数々
地鶏のなかでも最高級の「奥久慈しゃも」は、しゃも鍋、ステーキ、焼き鳥、タタキなど、さまざまに料理されます。山翠ではしゃも鍋はもちろん、独特の味わいを楽しんでいたたくために、味付けにも十分こだわってご賞味いただきます。