1. お取り寄せモール風土jpTOP

粒うに(100g)

粒うに(100g)

水分を切った状態でうにを塩漬け!

昔ながらの保存食で水分を切った状態でうにを塩漬けしたものです。職人さんの腕によって塩の効き方がとても変わります。最近は輸入物も増えているため安い物(水っぽい)も出回っていますが本場の粒うにはうにの味が濃く、最高級品です。

北海道の生うに(蝦夷ばふん雲丹)の旨さの秘訣は、北の海の荒々しさと冷たい水温によって育った昆布を豊富に食べているからです。特に北海道の昆布にはグルタミン酸、アルギン酸という栄養素がふんだんに含まれているため、その栄養たっぷりの旨みを北海道のうにが吸収し、他では味わえない甘味と味に深みがでるのです。
北海道特産生うに「蝦夷ばふん雲丹」
全国的に分布して一番知られているうには、とげが長くて、まるで栗の形を思わせる「紫うに」だと思います。北海道でもうにの80%は紫うにになりますが、身がちょっと白っぽい色をしているので白うに(雲丹)とも呼ばれてます。
それとは対照的にとげが短く、まるで丸いタワシを思わせるような形をしたうにが蝦夷ばふん雲丹(水揚げ量はわずか20%強)です。蝦夷ばふん雲丹は殻を剥くと見ただけで食欲をそそられるような、きれいなオレンジ色(色素の関係で色の薄いのもあります。)をした身が顔を覗かせます。
生うに(雲丹)はほぼ一年中
生うには夏といったイメージを持つ人が多いようですが、実はほぼ一年を通して漁は行われています。たまたま日本海のうにが有名になったため、夏だというのが定着してしまっただけなのです。
ちなみに、6月〜8月いっぱいが日本海のうにの解禁時期でその後は太平洋、オホーツク海と解禁場所が移っていきます。特に寒い時期の根室付近のうには最高です。ただ、ここ数年で一気にうにの水揚げ量が激減したため、今ではアメリカ、ロシア、韓国など、あらゆる所からも輸入を受けなくてはならない状態になっています。
栄養素が凝縮
みなさんが食べているうには産卵期の生殖巣が成熟したものです、したがって卵巣が成熟すると殻いっぱいに身が蓄えられるのです。そして、その身の部分にはうにの栄養素が凝縮されますので、人間にとってもいい栄養材料になります。
生うにのとろける食感と口いっぱいに広がる甘さ
うにが嫌いの方、もしくは最初に食べたうにが非常にまずくて、もう食べたくないという方、多いんじゃないですか?特にうには傷みやすいので、海外から持って来る際、非常に多くの薬品を使用します。したがって運悪く最初にこういったうにを口にした場合、嫌いになるのは当然です。そういう思いをした方にこそ、本物の蝦夷ばふんうに(馬糞雲丹)を食べていただきたいのです。本物の蝦夷ばふんうにのとろける食感、口いっぱいに広がる甘さ・・・。一度騙されたと思って食べて見てください。(決っっして、騙しません)
内容量100g
賞味期限冷蔵:3ヶ月
冷凍:1年
お召しあがり方あつあつのご飯と一緒に、酒のつまみ
商品マーク
粒うに(100g)
粒うに(100g)
価格: 9,450円(税込)
冷凍便
【商品番号:00310012】
現在この店舗は準備中のため購入できません。
気になったらとりあえずショッピングカートに入れておこう!
(ショッピングカート内の商品は30日間保存されます)
決済方法:代金引換クレジットカード銀行振込郵便振替
お支払い・送料について
お取り寄せランキング